専業主婦が申し込める銀行キャッシング

消費者金融ではアルバイトやパートをしている学生や主婦はキャッシングが利用出来るのですが、専業主婦は利用する事が出来ません。
これは、消費者金融では借りられないという事になるのですが、何故なのでしょうか。
消費者金融では安定した収入がある人がキャッシングの申込み対象になっていますので、自ら収入を持たない人は利用出来ないのです。
しかしながら、消費者金融は貸金業者に分類される金融業者です。

貸金業者には総量規制が適用されますので、自ら収入が無い専業主婦は総量規制により利用する事が出来ないのです。
総量規制は年収の3分の1を超える貸付を禁じている規制です。
収入がゼロであり、年収がゼロの場合は借入対象になる額がゼロになりますので消費者金融では借りられないのです。
総量規制について詳しく知りたい方は借りルールというサイトで詳しく紹介されているのでおすすめです。
借りルールはココから見ることができます。

しかし、専業主婦でもキャッシングが出来るのです。
それは銀行キャッシングです。
銀行は貸金業者では有りませんので、総量規制の対象外になります。
年収がゼロの場合でも、配偶者に収入が有る事で利用する事が可能になっているのです。

尚、専業主婦の人が銀行キャッシングを利用する場合は、配偶者の勤務先の情報、配偶者に対する情報を消費者金融に対して提示する事になります。
そのため黙って利用すれば後々のトラブルを招くことになりますので同意を求めることが重要です。
因みに、銀行キャッシングは最大で300万円や500万円と言った高額のキャッシングが利用可能ですし、銀行の中には最大で1000万円まで利用する事が出来る銀行も有ります。
銀行は総量規制が適応されませんので、年収の3分の1を超えるキャッシングも利用する事が出来るのです。

また、消費者金融と比較すると金利が低くなっているのが特徴です。
金利が低いという事は返済に含まれる利息を少なくすることが可能になると言ったメリットも有ります。
尚、専業主婦の場合は利用限度額が50万円までとなっているケースが多いのが特徴になります。